地球にマングローブを!!プロジェクト~子どもたちに贈る未来の地球~

未来の子どもたちに美しい地球を残すために、インドネシアでマングローブ植林を行っていきます!

マングローブと共に生きるという考え方2~シルボフィッシャリー

前回の記事≫≫『マングローブと共に生きるという考え方1~マングローブか、住民の生活か~



『シルボフィッシャリー』とは、

『シルビ=森』『フィッシャリー=水産養殖業』を合わせた言葉で、森と水産養殖の共生という意味です。

つまり、マングローブ とエビの共生ということです。

放棄されたエビ養殖にマングローブの森を回復させたい!

しかし、マングローブを植林するだけでは、地元住民の人々が生活が出来ない・・・。

そこで、森と水産養殖の両立!



マングローブを共に生きるという考え方2~シルボ・フィッシャリー~



この図は、目指すシルボ・フィッシャリーの形です

池の中心部分の土を盛り上げそこにマングローブを植林する。

普段は水をたくさん入れておくので、マングローブを植えている盛り土の上も浸水しています。

そこにエビが入り込んで、住み家とします。

マングローブが葉っぱを落とし、プランクトンがそれを分解するために発生します。

エビは、餌を与えなくても、そのプランクトンを食べながら成長します。

また、マングローブは、水質や・土壌も浄化してくれるため、薬品等の投与も必要ありません。

その周囲に水路を作っておいて、エビ収穫の時には、

池の水を抜き水位を下げ、水路の方に出てきたエビを収穫します

地元住民の方々の生活の糧を作りながら、森を作り、育て、守っていく

これこそ、私たちが目指している マングローブと共に生きる という考え方です



「地球にマングローブを!!プロジェクト」とは、なにか?
設立までの経緯などは、TOPページをご覧ください。

                  TOPページ
                                                  offsetマーク
スポンサーサイト


  1. 2011/08/26(金) 12:06:45|
  2. ☆近況のご報告☆|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新プロジェクト植林地 ビンタン島 | ホーム | マングローブと共に生きるという考え方1~マングローブか、住民の生活か~

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangrovesforearth.blog130.fc2.com/tb.php/32-f01defad

| ホーム |