地球にマングローブを!!プロジェクト~子どもたちに贈る未来の地球~

未来の子どもたちに美しい地球を残すために、インドネシアでマングローブ植林を行っていきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

第1期 プロジェクト植林地の発表です!!

今日は、

地球にマングローブを!!プロジェクト 
~子どもたちに贈る未来の地球~


プロジェクトに第1期植林分の植林現場を発表させて頂きます


第1期 プロジェクト植林地は、

インドネシア共和国リアウ諸島州
バタム市 ガラン島 ダップル・ティガ村沖干潟
 です。


Google Earthから画像を拝借して、見てみますと。。。

これがバタムの地図です↓
Pulau Batamとは、、インドネシア語で「バタム島」という意味です。
シンガポールから南に約20kmの位置にあります。

プロジェクト地(シンガポールから囲みあり)小



バタム市は、このバタム島・レンパン島・ガラン島を主体とした島々で成り立っています。
そのバタム市ガラン島の地図がこちら↓

プロジェクト地(ガラン島囲みあり小)



そしてガラン島北部をアップにした地図がこちら↓

プロジェクト地(現場囲みあり小)

地球にマングローブを!!プロジェクト
~子どもたちに贈る未来の地球~
     
      植林地

と、示してあるのが、プロジェクト植林地です!

北緯   0°47′16.13″
東経 104°12′39.09″


すでに、この植林地で植林作業が開始されており、現在、順調にマングローブの植林が進んでいるところです

今回、第1期の植林では、

法人メンバーA、法人メンバーBの会員様からお預かりした
合計6,700本マングローブを植林しているところです

植林しているマングローブの樹種は、日本名でオオバヒルギと呼ばれる種類です。

学術名は、Rhizophora mucronata です。


プロジェクト植林の実際の作業に関わってくれているのは、

プロジェクト植林地の近くにあるダップル・ティガ村の住民の方々

ダップル・ティガ村長のダルウィスさんをマングローブ植林責任者として、作業を進めています。

6,700本の植林が完了したところで、現場の視察に行って、ご報告させて頂きます

次の回では、植林作業に携わってくれている方々も紹介していきたいと思っております

それでは、また次回をお楽しみに!!


「地球にマングローブを!!プロジェクト」とは、なにか?
設立までの経緯などは、TOPページをご覧ください。

                  TOPページ
                                                  offsetマーク
                                                  
スポンサーサイト


  1. 2010/11/02(火) 14:28:10|
  2. ☆近況のご報告☆|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

第1期植林地 視察レポート1 | ホーム | 第1期 メンバー様をご紹介させて頂きます!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangrovesforearth.blog130.fc2.com/tb.php/12-6acad2c6

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。