FC2ブログ

地球にマングローブを!!プロジェクト~子どもたちに贈る未来の地球~

未来の子どもたちに美しい地球を残すために、インドネシアでマングローブ植林を行っていきます!

ご報告 2019年5月号

こんにちは。

今日は、「地球にマングローブを!!プロジェクト~子どもたちに贈る未来の地球~」の

会報2019年5月号をお届けします。

会報2019年5月号

会報に載せられなかった写真については、

随時更新していきますので、お楽しみに~

「地球にマングローブを!!プロジェクト」とは、なにか?
設立までの経緯などは、TOPページをご覧ください。

                  TOPページ
                                                  offsetマーク

スポンサーサイト
  1. 2019/05/20(月) 12:46:40|
  2. ☆近況のご報告☆|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

マングローブ植林の周りの様子1

今日は、シルボフィッシャリー養殖池の周りの様子を少しご紹介します。


養殖池の中にはマングローブを植林していますが、

そのまわりのあぜ道には、管理者のダエンさん(アディさんのお兄さん)が他の農作物も栽培しています。

こちらには、ココナッツヤシとパイナップルを育てています。

このココナッツヤシの木は、背丈が低い。

こんな種類なのかな?

背は低いけれど、葉っぱは大きく拡がっていますね。

周りの様子1-1

周りの様子1-2


木にはココナッツの実もついています。

周りの様子1-3


よく見かける背の高いココナッツヤシの木と、果実の形は似ていますね。

ということは、この実も食べられる(飲める)のかな?

まだ小さいですが、もう少し成長すると食べ頃(飲み頃?)でしょうか。

珍しいのは、ここではココナッツの実の栽培がメインではなくて、

木から樹液を採集しています。

木の枝を切り落とし、そこから樹液がポタポタと落ちてくるのを、

ペットボトルなどをぶら下げて、樹液を受けています。

周りの様子1-4



こちらも

周りの様子1-5

周りの様子1-6




こちらは、パイナップル。

周りの様子1-7

周りの様子1-8

といっても、木の上に布やら、バケツやらタライやら、被せられています。

日焼け防止ではありません(笑´∀`)

野生のリスがパイナップルの実を食べに来るので、

食べられないように隠しているんだそうです。

布をめくってみると、ほら!パイナップル!

まだ青くて小さいですね。

周りの様子1-9

こちらのパイナップルは果実の上から葉っぱが出ていますね。

そろそろ収穫の時期でしょうか。

周りの様子1-10

マングローブだけでなく、こんなふうに池の周りでいろいろ育てられています。

他にもキャッサバ(シンコン)とか、私にはよく分からない農作物とか。

土地を最大限に有効利用していますね。


それでは、次回のご報告をお楽しみに~

「地球にマングローブを!!プロジェクト」とは、なにか?
設立までの経緯などは、TOPページをご覧ください。

                  TOPページ
                                                  offsetマーク

  1. 2019/05/10(金) 16:30:17|
  2. ☆近況のご報告☆|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |